ニコレットは薬なので宿泊時も忘れずに

ニコレットは、ガムベースにニコチンを含ませた医薬品です。従って、素人が勝手な判断でその使用方法を変更すると、吐き気やめまいなどの副作用を引き起こすことがあるので、定められた使用方法に従って用いることが肝要です。ニコレットを用いるのは、禁煙のためですが、タバコを吸いたい気持ちを抑えるために使用します。愛煙家がタバコを吸いたくなるのは、医学的に見ればニコチンの毛中濃度が低下したためです。ある程度のニコチンの血中濃度に慣れた体は、その濃度が下がると、元の濃度に戻すためにニコチンを必要とし、その結果としてタバコを吸いたくなるのです。
ニコレットは、ガムを噛む要領で、口の中の粘膜からニコチンを吸収させ、その血中濃度を元通りにする働きをする医薬品であり、タバコを吸いたくなったときに使用します。タバコを吸いたくなるのは、上述のようにニコチンの血中濃度の低下が原因ですから、その症状が出るのは日常生活だけに限りません。宿泊を伴う旅行や出張でも同様です。そのため、ニコレットを用いて禁煙しようとするのならば、医師の指導の下、宿泊を伴う旅行等にも忘れずに持参する必要があります。
もしも忘れてしまったら、現地で入手できるのならば入手し、日常生活と同様の要領で使用すべきです。愛煙家がタバコを吸いたくなることは、体の自然な欲求ですから、精神力で抑えようとしても大変な困難が生じますし、そのためにニコレットを使用しているのですから、旅先で我慢できないのならば素直にそこで新たに購入する必要があるのです。万が一、ニコレットを忘れたことで、タバコを吸いたくなる欲求に負け、タバコを吸ってしまったとしたら、それは禁煙という努力を無にすることにもなりますし、タバコの匂い等で宿泊先にも迷惑をかけることにもなりかねません。